憧れの白い歯を手に入れたい!ホワイトニングに必要な期間とは?

にっこり笑ったときの白い歯は多くの人にとって憧れですよね。

いつの間にか歯の黄ばみが気になりはじめ、ホワイトニングを検討する人も多いでしょう。

ホワイトニングにもいくつかの種類がありますが、どれくらいの期間行えば歯が白くなるのでしょうか。ここではホワイトニングに必要な期間について紹介します。

歯医者でホワイトニングするのに必要な期間

歯医者に通って行うホワイトニングは種類によって違いがありますが、1回の通院で終わるものもあります。

そのため結婚式などを控えた新郎新婦ができるだけ早くホワイトニングしたい時など、有効な手段といえるでしょう。一般的にブライダルホワイトニングと呼ばれています。

歯医者でのホワイトニングでは、高濃度の漂白剤を歯に塗ったあと、ライトを当てて薬剤の反応を促進させるので、一回でも効果を感じられるのが特徴です。

着色の度合いによっては週に一回で5回程度の通院が必要な場合もあります。

しかし、薬剤で急激に反応させているので、その後早い段階で元の色に戻ってしまうことも起こり得ます。使用する薬剤やライトの種類によっても効果の持続性は違うので、歯科医と相談して行うと良いでしょう。

また、歯医者でのホワイトニングは保険がきかないので料金が全額自費になり、高額になるケースもあります。

自宅でホワイトニングするのに必要な期間

市販のホワイトニング剤を使って歯を白くしようとする際、白くなるまでの間には大きな個人差があります。

長年、タバコやコーヒーなどを好み、毎日吸ったり飲んだりしている人と、タバコを吸い始めたばかりの人とでは着色の度合いに違いがあるからです。

そのためホワイントニングの期間は、早い人で1~2週間、遅い人で数か月間の期間が必要になります。

このようなことからも、まず1ヶ月間は根気強くホワイトニングする必要があるといえます。もちろんそれ以上時間がかかることも予想されますが、ゆっくりと着色を落としていくことで一度白くなった後は元の色に戻りにくいというメリットもあります。

毎日の歯磨きと同じように、ホワイトニングも習慣化することで納得のいく白さに近づけることができます

歯医者でのホワイトニングと自宅でのホワイントニングを併用する方法

もし、できるだけ早い段階で歯を白くして白さを継続したいという人であれば、二つを併用するのも良いですね。

歯医者に通いホワイントニングした後に、自宅でもホワイントニングを継続するという方法です。

より長く白さの強度が保たれ、すぐに元の歯の色に戻ることを防ぐことができます。

その場合も、自宅でのホワイトニング期間は1ヶ月以上継続して行うことでより効果を実感できるとされています。また、白さを保つためにはできるだけ歯に着色しないように工夫することも重要です。

毎日こまめな歯磨きを行い、コーヒーや紅茶など着色しやすい飲み物はできるだけ控えましょう。

なかなかコーヒーや紅茶を控えられないという人であればトリートメント剤を使って着色しにくい状態を作ることもできます。