ホワイトニングは歯が傷つく?!ホワイトニングの安全性

黒ずみや黄ばみ汚れを解消し、美しい白い歯を取り戻すことができるホワイトニングケアは、男性女性問わずに人気を集めています。

しかし、一方で使用される薬剤や施術方法の安全性について不安に思う方が多いことも事実です。

今回は、歯のホワイトニングの安全性と、薬剤を使用することによって起こりやすいトラブルについてまとめてみました。

ホワイトニングは安全?

歯科で行われるオフィスホワイトニングや、自宅で行うホームケアホワイトニングには、ホワイトニング専用の薬剤が使用されます。

このホワイトニング薬剤の主成分は、過酸化水素と過酸化尿素です。過酸化水素には歯を漂泊する効果があり、口内のメラニン色素を除去する働きがあります。

歯に塗布し、数時間置くだけで歯を白くする効果を持つ過酸化水素は、その高い効果ゆえに人体に悪影響を与えるのではないかと心配されることもありますが、食品添加物として使用されていることなどもあり、安全性が確認されています。

一方の過酸化尿素を見ても、歯科での歯周病治療に使用されていることなどもあり、歯や歯茎に悪影響を与えることはありません。
ホワイトニングジェルに含まれるその他の成分を検証してみても、口内環境にトラブルを及ぼすような物質は添加されておらず、安全性が保障されています。

ホワイトニングによって起こる副作用

歯のホワイトニングを行うことによって起こる、重篤な副作用は確認されていません。

しかし、ホワイトニング中、人によっては口内に刺激を感じることもあります。この刺激には、ホワイトニングジェルに含まれる過酸化水素が影響しています。歯のホワイトニングは、ホワイトニング薬剤を歯に塗布し、長時間付け置くことによって歯のメラニンを取り除く施術方法が一般的です。

ホワイトニングを受ける際の、体質や体調によって、漂泊成分である過酸化水素が歯や歯茎に刺激を与える場合もあります。

また、施術後の歯からは一時的にカルシウムが溶け出してしまっていることもあります。この場合は対策をしなくても、唾液によって自然に再石灰化が行われるので心配する必要はありません。

ホワイトニング後歯が痛む!対処法は?

歯のホワイトニング中に、口内に刺激を感じる方は多いですが、施術後も歯に染みるような痛みが残ってしまう場合は注意が必要です。

健康な歯の周りは、フッ素と呼ばれる成分でコーティングされているため、歯が外部からの刺激を感じ取ることはありません。

しかし、何らかの理由でフッ素がはがれてしまっていたり、歯に傷がついてしまっていたりする場合には、ホワイトニングに使用される薬液が歯の内部にある歯髄を刺激することもあります。

施術後、痛みは自然に収まることが多いですが、数日経っても症状が治まらない場合は、知覚過敏症状を抑えることに効果のある、フッ素配合の歯磨き粉や、口内ケア用品を使用するようにしましょう。脆くなってしまった歯の周りのフッ素を強化してくれ、痛みを抑えることに効果があります。

数日間、セルフケアを続けても効果が見られない場合は、専門医に相談するようにしましょう。

歯科で行われるオフィスホワイトニングに使用される薬剤の過酸化水素濃度は、ホームケアホワイトニング用のものよりも高いことが多いです。

知覚過敏の疑いがあったり、痛みに不安があったりする場合は、あらかじめ医師に相談するようにしましょう。

医院によっては、知覚過敏のリスクを避けるため、薬剤の濃度を低めのものに変更してくれる場合もあります。