症状を感じる人も多い!ホワイトニングと知覚過敏の関係

歯のホワイトニングを考える方の中には、ホワイトニングをすることによって起こる副作用について不安に思う方が多いことでしょう。

なかでも、ホワイトニング中の歯にしみたり、施術後も歯に違和感が残ったりなどの知覚過敏症状は、ホワイトニングによって起こりやすい口内トラブルの一つだと言われています

今回は、ホワイトニングと知覚過敏の関係と、知覚過敏によって起こる痛みの予防方法についてまとめてみました。

知覚過敏症ってどんなもの?

知覚過敏症とは、歯の表面にあるエナメル質が何らかの原因で剥がれてしまい、内部にある象牙質が露出することによって起こる口内トラブルの一つです。

知覚過敏の代表的な症状として、冷たいものが歯にしみる、歯磨き中に歯が傷むなどが挙げられます

健康な歯の表面は、エナメル質でコーティングされており、歯を酸や汚れから守る働きをしています。バリアのような役割を担っているエナメル質には、知覚が通っていないため、健康な歯であれば、冷たいものがしみたり、弱い刺激によって歯が痛んだりしてしまうことはありません。

何らかの原因によって、歯の表面にあるエナメル質が溶け出し、剥がれてしまうことによってエナメル質の内側にある象牙質が露出してしまいます。

象牙質が露出することによって、象牙細管の中にある歯髄と呼ばれる神経が外部からの刺激を受け取りやすくなります。冷たい食べ物や飲み物、物理的な刺激などに敏感に反応してしまうようになり、やがて歯にしみるような痛みを感じるようになってしまうのです。

ホワイトニングと知覚過敏の関係

歯科でのホワイトニングや、ホームケアなどを行っているときに、知覚過敏のような痛みを感じる方は多くいます。

歯のホワイトニングは、専用の薬剤を使用して行われる方法が一般的です。過酸化水素や過酸化尿素を含んだホワイトニング専用薬剤を長時間歯に付けるため、薬剤が歯のヒビから内部に侵入し、歯髄を刺激することが原因であるといわれています。

歯科で行われるホワイトニングは、ホームケアで使用されるホワイトニング薬剤よりも成分濃度が高く、普段は知覚過敏の症状がみられない方であっても、一時的に歯に違和感を覚えることもあります。

歯科でホワイトニングを受ける際に、つんとした痛みに抵抗がある場合は、あらかじめ専門医に相談するようにしましょう。専用薬剤の濃度を抑える、または専用機材を使用するなどの対策をとってくれる場合もあります。

マウスピースを使用したホームケアタイプのホワイトニング剤が歯にしみる場合は、無理をせずに一度使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。ホームケア後、痛みが気になる場合は、マウスピースにフッ素ジェルを塗り、数分間装着すると痛みが早く治まります。

ホワイトニング後のケアはどうすればいいの?

まれに、ホワイトニングを受けた後も知覚過敏の症状が治まらず、日常生活でも痛みが頻発してしまうケースも存在します。

軽度の知覚過敏症状であれば、フッ素配合の歯磨き粉やリカルデント配合の口内ケア製品を使用することによって痛みが治まるケースが多くあります。

しかし、ホワイトニング後も特有の痛みが治まらない場合は、一度担当医に相談するようにしましょう。歯科で知覚過敏症と診断された場合の治療法は、専用薬剤によって歯をコーティングする方法が一般的です。歯の状態によっては、1度で知覚過敏の症状が治まらないこともあるので、通院が必要になる場合もあります。