銀歯のホワイトニング!白くして目立たなくするには?

ginba

虫歯などの治療で銀歯を入れている方も多いですが、今では銀歯も白くすることができます

銀歯は奥歯に入れるのが一般的ですが、普段は見えなくても大きく口を開けたときや笑ったときなどに銀色の歯が見えてしまうのは、若い人でなくても恥ずかしいと思ものでしょう。

そんな時に考えたいのが銀歯を白くする治療です。ここでは、銀歯を目立たせないためのホワイトニングについてご紹介します。

銀歯を白くするための基本的な治療

歯科医院で最も広く用いられているのがコンポジットレジンという方法です。

コンポジットレジンは樹脂でできたペースト状のものを虫歯など治療でできた穴に流し込み、特殊な光を当てることで瞬時に固めるものです。

銀歯の場合には、一度銀歯を外して、そこにコンポジットレジンによる治療を行います

この治療法のメリットは、とにかく治療時間が短時間であることと治療費が安いことです。

ホワイトニングなどの見た目に関する審美歯科系の治療は保険適用外のものが多いですが、このコンポジットレジンは保険の適用範囲内です。

逆にデメリットは適応できる症状の範囲が狭いことでしょう。

コンポジットレジンは、その治療の性質上、穴の開いた部分にしか使えません。

そのため、全体的に銀歯を被せている場合などは対象外で、一部分を銀歯にしている場合などにしか使うことができません。

また、同じく保険適応されるものとしては、硬質レジンを使った治療があります。硬質レジンは銀歯同様に金属ですが、見た目は白く、自分の歯と同じ色に加工することも可能です。

保険適応外で銀歯を白くする方法

保険適応外の治療で銀歯を白くするために使われている方法としては、セラミックインレーが代表的です。

この中でも、セラミックとレジンを配合したハイブリット型のものは強度も高く、見た目も良いため、非常に人気の高い治療方法になっています。

銀歯のように金属アレルギーを懸念する必要もないため、このような持病を抱えている方にもおすすめです。

また、オールセラミックやジルコニアで作られたクラウンも人気の治療法です。こちらはとにかく自然な仕上がりにすることができ、治療後は自分の歯と区別することが困難といえるほど分かりません。汚れが付きにくいというのも大きな特徴で、メリットがとても多く治療費が多少かかったとしても審美性を重視したいという方にとってはおすすめの治療法です。

自分でもホワイトニング可能?ホワイトコートとは

歯にも審美性を高めるための白いマニキュアがあるのをご存知でしょうか。一般的にはホワイトコートと呼ばれており、歯科医院でも自由診療で受け付けています。

自分の歯にもホワイトコートを塗ることはできますが、銀歯に適応することもできるため、現在の銀歯を目立たなくしたいという方にとっておすすめです。

歯科医院では一本単位で金額が設定されているため、銀歯がひとつだけしかないという場合には数千円で治療を行うことができるようです。

また、ホワイトコートは自宅で行うことも可能です。薬局などに専用のキットが売られていますので、それを購入すれば自宅でも簡単にホワイトニングをすることができます。ただし、見た目や安全性に関しては、やはり歯科医院で行うほうが圧倒的に高い効果を期待できますので、あくまでも緊急の場合や他の代替案として参考までにしておきましょう。