今のうちから知っておきたい!加齢による歯の変色汚れの原因

karei-genin

若いころは白かった歯が年齢を重ねるごとに黄色くなっているという人もいるでしょう。

年齢を重ねても白くて元気な歯をできるだけ保ちたいものですよね。

加齢によって歯が変色してしまったり、汚れしてしまったりするのはどのような原因があるのでしょうか。
ここでは加齢による歯の汚れの原因や白くする方法について紹介します。

加齢による歯の汚れ~食べ物による着色~

歯の汚れは年齢を重ねれば重ねるほど、少しずつ口の中に残っていくと考えられます。

日常の歯磨きでは落ちきれない、コーヒーや紅茶、カレーなどによる着色が蓄積されて汚れのように見えてしまうのです。

そのうえ、長年タバコを吸っている人にとってはヤニがたまり余計に変色してしまうということもあるでしょう。

始めは目に見えない程度の変色でも、加齢によって大きな変色へと変わっていきます。
できるだけ、口内に変色汚れをためたくない人は、ワインやチョコレートなども変色汚れの原因になるので控えるようにしたり、食べた直後に歯磨きをしたりしてケアをする必要があります。

加齢による歯の汚れ~象牙質の変色~

加齢による歯の変色は、象牙質が黄色っぽく変色することでも起こります

象牙質はもともと歯の内側にあるものですが、加齢によって歯の表面が削れ、外側からも見えるようになります。

また、本来は乳白色の象牙質ですが、年を重ねるごとに黄色く変色してしまうので、歯が黄色く見えてしまうのです。

象牙質が黄色く変色してしまう原因としては、加齢によって歯に栄養がいきわたりにくくなるからとされています。

髪が年齢を重ねると白髪になったり、細くなったりするのと同様に黄色くなった象牙質は歯が老いた状態といえます。

もちろん、象牙質の変色には個人差があるので、色の度合いによって年齢がわかるということはありません。生まれつき象牙質が黄色い人もいるので、若くても黄色っぽい歯の人も決して少なくありません。

加齢による歯の汚れを白くするための方法

加齢によって歯が変色汚れをしている場合、歯磨きなどでは白くなるということは期待できません。

もちろん、歯の表面の汚れを取ることは重要ですが、内側からホワイトニングを行う必要があります。

そのため、歯医者に行ってホワイトニングやブリーチを行うのが効果的です。

歯に薬剤を塗り、一定時間光を当てることで歯を白くしていきます。

この方法は、ホワイントニング後しばらくは着色しやすい食べ物などを控える必要がありますが、手軽に歯を白くできる方法といえます。

人によっては5回以上ホワイトニングのために通院することもある一方で、1~2回で白くなるという人もいるようです。

ホワイトニングを維持させる方法は?

ホワイントニングした歯をある程度継続させるために、自宅でのセルフケアも重要になります。

こまめに歯磨きを行うことはもちろんのこと、ホワイトニング剤などの入った薬剤を使って定期的にケアしていきましょう。自宅で適したケアが行われない場合は、また元の歯の色に戻ってしまうことも考えられます。

自宅で歯磨き後にホワイトニングを行うことで、持続性が有るとも言われています。

どこのホワイトニングを使ったら良いかわからない方は「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」がおすすめです。