白い歯ってずっと続くの?ホワイトニングの継続期間

keizokukikan

急激に歯を白くするオフィスホワイトニングより、徐々に歯を白くするホームホワイトニングのほうがホワイトニングの継続期間は長いとされています。

より白い歯を継続するためにオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用もおすすめです。
ここでは具体的なホワイトニングの継続期間と白さを保つポイントについてまとめています。

オフィスホワイトニングの継続期間

オフィスホワイトニングとは歯医者などで、歯に漂白作用のある薬剤を塗りライトで反応させて歯を白くするものです。

薬剤の力で一気に白くするため、多くの場合は一日で白さを実感できます。

しかし、急激に反応させていることもあり、ホワイトニングの継続期間は3ヶ月~1年程度とされています。

費用面では、保険適用外なので施術を行う歯の本数によって高額になることも考えられます。

結婚式など大事なイベントの前に利用する人も多く、できるだけ早く歯を白くしたい人におすすめです。

もちろん、白さの度合いや継続期間は個人差があり、使用する薬剤やライトの種類でも違いがあるので、医師と相談したうえで施術するようにしましょう。早い人では3ヶ月程度で元の色に戻ってしまうこともあるようで、メンテナンスのために定期的に歯医者に通っている人も少なくありません。

ホームホワイトニングの継続期間

歯医者などで処方された濃度の低い薬剤を使って徐々に歯を白くする方法をホームホワイトニングといいます。

市販のホワイントニング剤も多く販売されるようになったため、歯医者に行かずにホームホワイントニングすることも可能です。

ホームホワイトニングの場合、歯を白くするのに2週間~数ヶ月の期間を要しますが、その分だけ継続期間は6ヶ月~1年間とオフィスホワイトニングより長めです。

また、費用面でもホワイトニング剤の費用のみで行えるので経済的といえます。継続的なホームホワイトニングを行っている人でも、年に1度は歯医者で診察を受け表面の汚れを取るなどのケアを行うこともおすすめです。軽度の着色であれば取れるので、歯の白さを保つことにつながります。

より効果を継続させるために

ホワイトニングの継続期間を長くするために、オフィスホワイトニングを行った後もホームホワイトニングでケアを続けることがおすすめです。

白さの強度を保つことができるので、1年以上白さをキープすることにつながります。市販のホワイトニング剤であれば比較的安くケアの継続も可能です。

毎日、歯磨きの延長線上でホワイトニングを習慣化することで効果の継続を期待できます。また、食べ物に注意するだけで白さが持続することも考えられます。

コーヒーや紅茶、ワインやチョコレートなど歯に着色しやすい飲み物や食べ物はできるだけ控えるようにしましょう。

特にタバコのヤニに含まれるタールは非常に着色しやすいので注意が必要です。また、着色しやすい人は歯のトリートメント剤を利用すると表面がコーティングされ着色しにくくなるので、効果の継続を期待できます。

ホワイトニングを長続きさせる為に

に着色しやすい、飲み物・食べ物を控えてください、タバコは注意してくださいといわれても、ずっと続けるのは難しいですよね。

そこで、「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」がおすすめです。

歯のホワイトニングの効果継続はもちろんですが、他にも口臭予防・虫歯予防等、メリットが沢山あります。

歯医者へ通う事無く自宅で1日数分で可能です。