研磨剤によるホワイトニング効果について

kenmazai

研磨剤には歯を白くする効果があります。

そのため、ホワイトニングには研磨剤が用いられることもありますが、研磨剤が入ったものを使用するにあたっては歯に与える影響などをきちんと知って正しく使用しなければなりません。

今回は研磨剤とホワイトニング効果についてご紹介します。

すべての歯磨き粉に研磨剤が入っているわけではない

スーパーや薬局、オンラインショップではたくさんの種類の歯磨き粉が売られていますよね。

これらすべてに研磨剤が入っているかというとそうでもありません。

研磨剤が入っている歯磨き粉の特徴としては、ホワイトニング効果があるものが多いです。

ホワイトニング効果がある歯磨き粉に書かれた商品の成分を見てみてみましょう。

よく「シリカ」が用いられていますが、これが研磨剤です。

また、口臭予防の歯磨き粉には口臭改善効果が期待される「なた豆」を使ったものやミントが香るようになっているものなどがあります。

このように、ホワイトニングや口臭予防といった目的に合わせて入っているものもさまざまです。いつも何気なく自宅で使っている歯磨き粉ですが、一度じっくりと成分を確認してみましょう。

研磨剤はいかに歯を白くするのか?

歯についた汚れを磨くことで、白い歯へと導きます。

研磨剤でのホワイトニングの場合、汚れを漂白するというよりは、削り取るというイメージで考えるといいでしょう。

研磨剤の入った歯磨き粉で歯磨きをすると次第に黄ばみなどの着色汚れが目立たなくなるのは、徐々に汚れが削り取られてきれいになるからです。

歯磨き粉を使ってすぐには白くなったと実感できないかもしれませんが、一ヶ月ほど使い続けると歯の黄ばみが以前よりも改善されたと感じられる人も少なからずいるようです。

気になる黄ばみを歯磨き粉で歯を少しでも白くしたいなら、研磨剤入りのものを毎日使い続けることが大切です。

コーヒーや紅茶が好きで普段からよく飲む人は、どうしても歯が黄ばみやすくなります。着色汚れを蓄積しないためにも歯磨き粉にホワイトニング効果のあるものを使ってみてはいかがでしょうか。

歯の磨き過ぎには注意が必要

ホワイトニング効果を得たいからと言って、研磨剤の入った歯磨き粉でゴシゴシ磨き過ぎるのは考えものです。

研磨剤は汚れを磨き落としますが、磨き過ぎると歯が傷ついてしまい、そこから着色したり虫歯になったりする可能性があります。

普段から力を入れて磨く癖のある人は特に気を付けましょう。

とりわけ子どもの場合、歯が成長しきっていないので傷つきやすいといわれているため、過度の負担をかけるのは良くありません。

子どもが歯磨きをする場合は付き添うなどして、磨き過ぎないようによく見ておいてあげることをおすすめします。

無意識のうちに歯ブラシを動かしていると、ついつい磨き過ぎてしまったなんてこともあるようです。

大人の場合でも、テレビを見ながら磨くなど、何かをしながら磨いていると必要以上に歯磨きをしてしまうこともあるかもしれません。歯を磨くときはそれだけに集中して、なるべく優しく、適度に磨くようにしたいものですね。

子供におすすめの歯磨き粉は?

子供の歯磨き粉についてどれを購入したら良いかわからないとお困りの方も多いと思います。

成分や味、子供にとっては後者の味が重要となると思います。

そこで今一番人気の歯磨き粉は「ブリアン」です。

子供の虫歯予防の為に作られた子供専用の歯磨き粉です。

味も子供に人気となっており、返金保障もあるため、万が一お子様が味を嫌いでも返金することが可能です。

研磨剤が入っていないけど白くなる?薬用ちゅらトゥースについて

歯磨きをした後に、「薬用ちゅらトゥース」というゼリー状の物を歯ブラシにつけて、仕上げをするだけです。

そうする事によって、虫歯予防・ホワイトニング効果・口臭予防など、驚くほどの効果が有ります。

ネット上の評判でも、オフィスホワイトニングと同じくらい白くなったという口コミを見かけました。

雑誌でも紹介されてたりと、今ホワイトニング剤として一番人気ではないでしょうか。

また、研磨剤が使用されてないのに白くなるという理由からも人気が高いです。