今すぐに白くしたい!虫歯があるときでもホワイトニングはできる?

輝くような白い歯や清潔感のある口元、躊躇することのない笑顔を手に入れたいという人にとって、ホワイトニングは画期的な手段のひとつと言えます。

ホワイトニングにはさまざまな方法がありますが、できるだけ早急に行いたいという場合には、たとえ虫歯があっても、すぐにケアを始めたいものです。

そこで、虫歯でもホワイトニングができるのか、その方法とできないケースについてご紹介しています。

できる?できない?虫歯があるときのホワイトニング

ホワイトニングをしようと思ったときにすべての歯が健康であれば問題はありませんが、事前の検査で虫歯が見つかったという場合や、虫歯の治療中に白い歯を手に入れたいと思った場合でも、ホワイトニングをすることは可能であるのかという疑問を持ったことがある人もいるかもしれません。

なかには、虫歯の治療途中にホワイトニングも一緒に行ってしまうことで通院の手間が省けると積極的に希望する人もいるでしょう。

基本的には虫歯がある場合でも、状況によってはホワイトニングをすることはできます。

ただし、虫歯が生じている場合、ホワイトニングのケアは行わない方が無難です。
まずは虫歯を治療して完治させることを先決と考え、先に虫歯治療に専念した方が安心でしょう。

実際には、虫歯の場所と白くしたい歯の位置によって状況は異なってきます。ホワイトニングをしたい歯そのものがひどい虫歯である場合はできませんが、白くしたい歯の場所や虫歯の状態によっては、ホワイトニングを先に行うことは充分に可能となっています。

ホワイトニングができないケースもある?

ケアにかかる期間や使用する薬剤などによって、ホワイトニングの方法にはさまざまなものがありますが、その中のひとつに歯科医院で実施するオフィスホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは歯の表面に薬剤を塗り、光を当てて熱で薬剤の漂白効果を促し、歯を白くする方法です。ホワイトニングができない理由のひとつには、この最初に歯の表面に塗る薬剤と虫歯との関係が挙げられます。

オフィスホワイトニングで使用される薬剤の主成分は過酸化水素です。過酸化水素は歯に浸透しやすく、場合によっては歯の神経部分まで染み込む為、痛みを生じさせます

また、虫歯が生じた場合に行う治療では、患部の治療後に詰め物をすることがよくあります。

しかし、歯の表面に塗る薬剤に含まれている成分には、詰め物と歯を密着させる力を弱める働きがあります。

このため、虫歯の治療中にホワイトニングを行ってしまうと、せっかく虫歯治療しているのが無駄になってしまうという懸念が生じます

ただし、これらの問題については、虫歯治療の場所や治療方法、ホワイトニングしたい歯の位置によって影響を受けることなくケアすることができるため、詳しくは歯科医に相談するといいでしょう。

虫歯でもできる!トラブル中でも可能なホワイトニングの方法

虫歯治療中にホワイトニングをすることが可能であるケースの条件は、白くしたいと考えている歯自体は虫歯ではないこと、治療中もしくは治療予定の虫歯が重度ではないことの2点です。

一般的には、上前歯4本と下前歯4本、合わせて8本の前歯がホワイトニングで多く行われています

その理由は、話をしたり笑ったりしたときに特に目につきやすい場所だからと考えられます。このようなことから、基本的には前歯8本以外の歯が虫歯でも、その程度が軽度であればホワイトニングをすることは可能ということになります。

ただし、歯の状態と歯科医院の治療に対する考え方は千差万別ですので、できるかできないかは事前に担当の医師と相談してから決めることになります。

積極的にホワイトニングをしたいという場合、インターネットなどを利用して各歯科医院のホームページをリサーチすれば、虫歯でもホワイトニングが可能であることを謳っている歯科医院を探すことは可能ですから、対応してくれる歯科医院を見つけて相談してみましょう。