差し歯との色の違いはホワイトニングで解消

歯の黄ばみや色素沈着は、普通に生活していれば誰でもある程度は気になるものです。

黄ばみや色素沈着を解消する為に、定期的にホワイトニングをする人も増えています。ところで、差し歯がある場合にもホワイトニングは可能でしょうか?

歯の汚れの原因を知りましょう

歯の黄ばみや汚れにはいくつかの原因があります。

まず一つは加齢によるものです。

毎日歯磨きをしていても、年齢を重ねることで少しずつ歯の表面を覆うエナメル質が薄くなったり、その下にある象牙質の色が濃くなったりということが原因と考えられています。

コーヒーや紅茶など飲み物や食べ物による色素の付着も変色の原因として挙げられます。

普段喫煙している人であれば、タバコのヤニが付着してそのまま蓄積されるのも変色を起しやすい要因です。

虫歯も変色の原因の一つです。

また、黄ばみに関しては元々色素が強い人もいるので、すべてが変色によるものとは言えません。歯の色は本来真っ白というよりも乳白色を帯びており、多少の個人差は見られます。

歯医者さんやサロンで解決できる方法

歯の汚れを解決する方法としては、ホワイトニングが広く知られています。

ホワイトニングだけでも受けてくれる歯科医院は増えています。

また、ホワイトニングは特に歯科治療の技術が求められる施術とは異なるので、専用の機材を置いているところであれば歯科医でなくても可能です。特に差し歯がある人が気になるのは、自分の歯との色の違いでしょう。

差し歯を入れるときに、ある程度自分の歯の色に合わせて作るのが一般的ですが、年数が経過するうちに色素沈着などで色に差が出やすくなります

差し歯の素材によっても色素が付着しやすいものもあるので、作る時に相談するのも良い方法です。

差し歯に対して自分の歯の変色や汚れが気になる場合には、歯医者さんや専門のクリニックでホワイトニングしてもらいましょう。

その際には差し歯の場所を伝えて避けてもらうことが大切です。

また、差し歯を入れてからかなりの年数が経過し、差し歯自体の変色が著しい場合には差し歯そのものを作り直すという選択肢もあります。

自分の歯の本来の色に合わせて新しい差し歯を作り直したり、表面にラミネートを貼ったりなどで調整する方法もあります。

自宅でも簡単に!自分でできるホワイトニング

自宅で手軽にできるホワイトニング用品もいろいろ出ています。

歯みがきタイプや歯に塗布して毎日少しずつきれいにしていくタイプのものは価格も手頃なものが多く、忙しい人でも手軽に使えます。

歯医者さんやクリニックでのホワイトニングは、その日のうちにきれいな歯になりますが、いきなり白くなることに抵抗があるという人にもおすすめです。

差し歯があってホワイトニングしてもらうことが心配な場合でも、自宅なら自分でできるという安心感があります。

塗布や研磨剤が心配な人は、マウスピースタイプなども出ており、市販されているグッズもかなり豊富になっています。自分に合ったホワイトニングで差し歯のある口元もきれいで快適に保ちましょう。