ホワイトニングの方法とセラミックの歯に対する効果

seramikku

誰しも白くて美しい歯には憧れるものですよね。

しかし、いくら歯を磨いても食べ物に含まれる着色物質が歯の表面に沈着していくため、歯は徐々に黄ばみを帯びてきます。

したがって、白い歯をキープするためには、定期的に歯科医院に行ってホワイトニングを実施する必要があります。

しかし、天然の歯ではともかく、セラミック製の歯でもホワイトニングの効果はあるのでしょうか?

ホワイトニングの種類

ホワイトニングとは歯科医院で行われている歯を白くする技術ですが、これには漂白と分解の2種類の方法があります。

漂白は過酸化水素を用い、エナメル質の膜を溶かすという手法です。

そうすると、エナメル質の内部に入り込んでいた汚れが除去され、同時に、残りのエナメル質を濁らせて、その奥にある黄色味を帯びた象牙質が見えなくなります。

その結果、歯が白く見えるようになるわけです。分解法に比べて歯がより白くなるのがメリットですが、過酸化水素は本来劇薬で、知覚過敏などの歯や歯茎のダメージが懸念されます。

一方、分解法は酸化チタンやポリリン酸などの薬剤を使い、それに青色LEDの光を当てることにより光触媒の力によって歯の表面の汚れを分解させます

効き目は個人差がありますが、より安全性が高いのはこちらの方法です。

汚れには強いが黄ばみや経年劣化は避けられないセラミック

差し歯にも色々種類はありますが、その中でも天然の歯に似た白さを再現でき、汚れが目立ちにくいのがセラミックです。

しかし、差し歯として使う場合、永遠に白さが保てるわけではありません。

セラミックを口の中に入れておくと、天然の歯と同じように食べ物に含まれる着色物質が沈着し始めるからです。

他の素材の差し歯に比べれば色は変わりにくいのですが、それでも長年使っているとセラミックの表面にうっすらと汚れが付着し始め、いずれ黄ばみが目立つようになってしまいます。

しかも、差し歯の場合は天然の歯と汚れるペースが異なるため、余計に違和感を覚えることになります。

ちなみに、以前はセラミックのホワイトニングは不可能とされ、汚れが目立つようになれば新しいものと交換するしかありませんでした。

しかし、技術の進歩により、セラミックの歯のホワイトニングもOKというところが増えてきました。

方法によっては可能なセラミックの歯のホワイトニング

セラミックの差し歯をホワイトニングする場合、漂白しても効果は期待できません。

エナメル質と違ってセラミックは過酸化水素に反応しないからです。

一方、分解によるホワイトニングであれば、天然の歯と同様に表面の汚れを落とすことは可能です。

ただ、差し歯として数十年も使用していると、セラミックは表面の汚れではなく、経年劣化によって内部まで変色してしまう可能性があるので、その場合は色を元に戻すのは不可能です。

セラミックは見た目が自然な白さで審美性に優れていますが、その分だけ料金が高いという欠点があります。

こまめにホワイトニングを行って天然の歯と共に美しい歯をキープするようにしましょう。