白い歯は好印象!ホワイトニングのすすめ!

歯並びだけでなく歯の色によっても人の印象は変わりがちです。

初対面の場で歯が白い人とたばこのヤニなどで汚れて黄ばんでいる人とを比較すると、好印象なのは前者ではないでしょうか。

黄ばんだ歯を漂白することで白くするホワイトニングには「相手に与える印象が良くなる」というメリットがあります。

今回は白い歯が人に与える印象とは具体的にどのようなものかについてご紹介します。

白い歯は信頼感アップに繋がる!

服装や髪型だけでなく、歯まで手入れが行き届いていると細かいところまできちんとした人なのだなという印象になりやすいもの。

ちょっとした部分まで手を抜かない姿勢からは真面目さが伝わってきませんか。
真面目な人というイメージは相手の信頼にもつながりますよね。

逆に、服装や髪型が完璧でも歯が黄ばんでいると、ちょっとルーズなのかなというマイナスイメージを抱かれることがあるようです。

毎朝会社に行くとスーツやワイシャツ・ブラウスだけでなく、歯も意外と見られています。

身なりの一部として歯まで手入れしておくと、きちんとした感じから信頼が芽生えやすくなるので好印象に受け取られます。

とりわけ面接や商談では信頼されることは必要不可欠ですから、事前に歯のホワイトニングも行っておくと良いでしょう。

身だしなみバッチリ!清潔感がある!

漂白された真っ白なシャツには清潔さが感じられるように、歯が白い人にも清潔さを感じる人は少なくありません。

しかし、たばこを吸う習慣や着色しやすいコーヒーや紅茶などを飲む習慣があると、どうしても歯は黄ばんでしまいがちです。

この黄ばみですが、時間が経つと歯磨きではなかなか落としきれません。

そこで歯の漂白、ホワイトニングを考えてみましょう。歯を白くすることで清潔感がぐっとアップします。人前に出るときは身だしなみに気を使えとよく言われるように、人と接する上で清潔感は欠かすことができません。

歯の色も身だしなみの一部です。歯の色が白いと相手も好感を持ってくれますので、打ち合わせなどでも気持ちよく話をすることができるでしょう。

男女の付き合いで笑顔が素敵な人は好印象になりやすいですが、笑ったときに清潔感があることも重要です。白い歯はさまざまな場面で大切なポイントになりそうですね。

歯の白さは生き生きとした印象に!

歯が白いと口を開けるのをはばかられることがありません。

そのため、人前でも口元を隠すことなく思いきり笑ったり話したりすることができます。

他人の目からは生き生きとしているように見え、良い印象を受けやすくなります。

しかし、歯が黄ばんでいると堂々とは口を開けづらいものです。話の途中で口元が気になって口を覆ってしまう回数が増えることもあるかもしれません。

こうすると、どこか自信なさげで不安な印象を与えてしまいかねません。見た目の印象で仕事を任せてもらえるかもらえないかなどの判断基準になることも少なくないようです。

商談では生き生きとした人だと相手も好印象を持ちやすく、商談が成立する可能性も上がります。

このように、白い歯は周りの人にとってプラスの印象をもたらしてくれるのです。