どう違う?歯科で行う一般的なホワイトニングの方法3つ

歯の黒ずみや黄ばみを解消し、真っ白な歯を取り戻すことに有効なホワイトニングは、効果の高さや使用する薬剤などにそれぞれ違いがあります。

自分の口内環境に合ったホワイトニング方法を選ぶためにも、それぞれの特徴について知っておくことは大切です。

今回は、代表的な3つのホワイトニング方法に照準を当て、解説していきます。

1回で効果実感!オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科で専門医によって行われるホワイトニングのことを指します。

過酸化水素や過酸化尿素を含んだ専用ホワイトニングジェルを用いて行う方法は、歯を削ることなく着色汚れを取り除くことができます。

オフィスホワイトニングでは、専用機材を用いて強い光を照射する方法が用いられており、1度で歯の白さを実感することができます。

自宅で行うケアのように、専用薬剤を自分で添付したり、歯のホワイトニングに必要な用品を用意したりする必要もないので、手間がかかりません。

安全かつ、即効性の高いホワイトニング方法ではありますが、薬剤によっては歯に染みることもあり、一時的に知覚過敏症状が表れることもあります。オフィスホワイトニングを歯科で受けるためにかかる目安時間は、およそ1時間半から2時間程度と言われています。

こつこつケアして真珠歯!ホームケア

歯科から処方された、ホワイトニングの専用薬剤と、マウスピースを用いて自宅でケアを行うホームケアタイプのホワイトニングは、自身の歯を好みの白さに調節できることが特徴です。

より自然で透明感のある仕上がりになることから、歯本来の白さを取り戻したいという方から支持されているケア方法です。

歯科に通う必要がなく、自宅で気になったときにケアが行える手軽さも人気を集める理由です。

しかし、効果が現れるまでに時間がかかることもあり、ホワイトニング効果を得るためには1週間から2週間程度かかってしまう場合もあります。

また、ホームケアで歯のホワイトニング効果を速やかに実感したい場合は、ホワイトニングケアを行っている間の着色性飲料や食べ物の摂取を控える必要があります。

ウーロン茶や赤ワイン、コーヒーなど、タンニンが着色しやすいものの摂取を控え、こつこつとケアを行う必要があるため、オフィスホワイトニングと比べると少々手間と時間がかかることもあります。

ホワイトニング効果を長く実感!デュアルホワイトニング

歯のホワイトニングは、1度ケアを行い、歯の白さを取り戻したとしても続けてケアを行わなければ、白い歯を維持することはできません

しっかりと効果を実感しつつ、長期間白い歯を維持したいなら、オフィスケアとホームケアを併用したデュアルホワイトニングケアを行うと良いでしょう。

オフィスホワイトニングは1度で歯の白さを実感できる、高い効果がありますが、生活習慣によってはすぐに元に戻ってしまうということも考えられます。

オフィスホワイトニングで手に入れた白い歯を長持ちさせるためには、新しい着色汚れが歯に付着してしまうことを未然に防ぐ必要があります。

そこで、ホームケアを取り入れることで、新しい着色汚れが歯に固着することを防いでくれます。

デュアルホワイトニングは、ホワイトニング効果の高さと美しい歯を長期間守ることができる優れたケア方法ではありますが、ホワイトニングにかかる費用は他のホワイトニング方法よりも高額になりやすいという特徴がある点に注意しましょう。