しつこいヤニ汚れにさようなら!歯のホワイトニングで美しい笑顔を手に入れる

喫煙する方の中には、口内の「ヤニ汚れ」に悩んでいる方も多いですよね。
しかし、ヤニ汚れによる歯の黄ばみや黒ずみは、簡単には落ちにくいことも事実です。

今回は、ヤニ汚れができてしまう仕組みとその予防方法、頑固なヤニ汚れを撃退するホワイトニングについてまとめてみました。

☆そもそも「ヤニ」って何?
ヤニとは、タバコに含まれるタールのことを指します。

タールは、ベンツピレンやアミン酸など発がん性のある有害成分を含む、植物性樹脂の1種です。

タバコに含まれるタールは熱で燻されると煙となって空気中に飛散します。タールは体や物に付着すると、色素沈着を引き起こし、黄ばみや黒ずみといった症状が現れます。

タバコを吸う際、煙を肺へ吸入する前には一度口内を通ることになるため、タールは歯や歯茎に色素沈着を起こします。
これが「ヤニ汚れ」の正体です。

タールによって歯や歯茎が黒ずんだり、黄ばんだりしてしまった場合、ホームケアでヤニ汚れを取り除くことは難しくなってしまいます。

通常、健康な歯の表面は「ペリクル」と呼ばれる薄いタンパク質膜で覆われています

ペリクルは、酸や刺激の強い食べ物から歯を守る役割を担っています。
しかし、ペリクルはタールと強く結びつく性質を持つ成分でもあることから、ペリクルと結びついたタールがヤニ汚れとなって歯の表面に固着します。

歯の表面にあるペリクルとタールが結びついてできてしまったヤニ汚れは非常に落ちにくいことが特徴です。

ホームホワイトニングでケアを行う場合は、ホワイトニングジェルの漂泊成分濃度がオフィスホワイトニングに使用されるジェルよりも薄いため、頑固なヤニ汚れを落としきることが難しい場合もあります。

「ヤニ汚れ」を予防するには

ヤニ汚れは一度歯や歯茎に付着してしまうと取れにくいこともあるため、毎日の歯磨きで未然に汚れを防ぐことが必要です。

タバコのヤニによる黒ずみや黄ばみは、タバコを吸ってからすぐに歯に固着するわけではありません。

ヤニが歯や歯茎に付着してから、色素沈着するまでには時間がかかります

このため、愛煙家の方が白い歯を守るためには、ヤニ汚れが歯に固着する前に、ヤニを口内から洗い流してしまうことがポイントになります。

喫煙者が白い歯を守るためには、歯ブラシを使った歯磨きだけの口内ケアでは不十分なこともあります。

歯間ブラシなどを使って細かい汚れを取ったり、マウスウォッシュを使ったりして念入りな口内ケアを行うようにしましょう。

歯のホワイトニング成分が配合された歯磨き粉や、口内ケア用品を使うこともヤニ汚れ予防に効果的です。

できてしまったヤニ汚れは歯科で撃退!

ヤニ汚れができてしまわないように注意をしていても、毎日タバコを吸う愛煙家の方の場合は万全な予防が難しいこともあります。

歯に固着してしまったヤニ汚れを落とすのに有効なのは、歯科でのホワイトニング治療です。

歯科で行われるホワイトニング治療にはいくつか種類があります。

頑固なヤニ汚れを落とすのに有効とされているのが「ジェットクリーニング」と呼ばれるホワイトニング治療です。

ジェットクリーニングとは、水と塩の細かい粒子を勢いよく歯に吹き付けて、汚れを落とす方法です

。自分でケアすることが難しい歯の裏側の汚れまで落とすことができるので、気になる口臭も予防してくれます。

しかし、ジェットクリーニングを行うためには専門器具が必要になるため、治療を行える医院が限られてしまいます。

また、ジェットクリーニングは、保険適用外の治療になるため、医院によって治療にかかる料金も異なります。

ジェットクリーニングで歯のホワイトニングを受けたいと考える方は、行われているホワイトニング治療やホワイトニングにかかる料金について、歯科医院に足を運ぶ前に情報を集めましょう。